FC2ブログ

焼き初めとベコ、そしてTHE オオザッパー

sky
GF670

2、3ヶ月に1回のペースで暗室に入っています。

今年の焼き初めは2月でした。

水洗して乾燥する段階で「あれ?紙に凹みがある」という話になり、よく見たらあらあらまあまあ!
結構な数に見られます。
それ、「ベコ」というらしいです(ベコベコってなっているからでしょうけど)。

現像液に浸すときに紙が下に引っ付いちゃってなかなか裏返せなく、無理やりおいしょ!と力技でやったしまった結果なんですね。

THE オオザッパー ここに現る です。

本来なら、やさしく、ソフトに、かわいい女の子をなでるかのように扱わなくてはならぬのです!
(どことなくいやらしい表現になってしまいましたかね、気のせい気のせい。)

わかちこの人のように「ちっちゃいことは気にするな(というか気付かない)」を地でいく人なので、これはもーう意識して取り掛からないといけません。

無意識の力技、恐るべし。



そんな私。

昨年から密かに思っていたことがありました。

今年こそは6636展は手焼きしてみよう」と。

でも、自分で焼いたことがあるのは四切までです。
全紙を焼くとなると如何せん実力不足&自信なし。

ということで。

以前、モノクロ展をやった際にお世話になったプリンターさんに再びご指導を仰ぐべく、横浜のTHE DARK ROOMへ初めて行って来ました。

プリンターさんの言う通りに焼けば、あら不思議!あら簡単!へへん!と図に乗ってしまうようなスムーズさでした。
1人ではこうもいかない。絶対に。

そのプリンターさんの指導は魔法の呪文、魔法の手のようです。
焼き込み、覆い焼きをしている時の手は、まるで印画紙の上に魔法の砂を振り掛けているかのよう。

焼きの魔術師、恐るべし。

そんなこんなでその日は満足して帰ったのですが。
後日印画紙を受け取りに行き見直してみると、1番目がいくであろうところにホコリが!ホコリがーー!!!
あろうことか、点ならいいのににょろっとしたホコリ野郎です。

ここでも、THE オオザッパー参上しちゃいました。あははー。

暗室で出来たと思っていても、時間が経って見直すとあれ?と思うこと多々あるんですよねー。
あーあ。

結局、スポッティングまでお世話になりました。
この場でお礼を…というかTHE DARK ROOMおすすめですよー。
>> THE DARK ROOMのHP

そんなこんなで、先月に今年2回目の暗室へ。

三度、THE オオザッパー登場・・・(もう!参上しなくていいっつの!)

意識していたはずなのに、ベコはあるわ、ホコリ目立つわ。

何より、今回は苦戦の暗室でした。苦行・・・。

もうね、楽しいはずの焼き作業が楽しくないの!
うまいこと焼けなくてツライの!
焼きこみも覆い焼きもげんなりしちゃって。

6636展の時に手焼きのBOOKを用意しようかと思っていましたが、結果、焼けたものが数少ないので、うーん、どうしようかな。

気分が上がらず、時に駆られてやっても満足する写真は出来上がりませんねー。そうよねー。

更に。
作品提出時にもTHE オオザッパーが!(もうやんなっちゃう!)
宅配業者にお願いして作品を送ってもらったのですが、私の梱包の仕方がまずかったのか、なんと折れ曲がってしまって・・・もう泣きたい!
念のため、もう1枚全紙で焼いておいたので事なきを得たのですが、年初に掲げた「何事も丁寧に」はどこへやら・・・。


己のズボラを痛感し、猛省している次第です。

とにもかくにも、イロイロと私の内面が露呈しまくった今年の6636展、明後日からですよ~。

改めて、告げて知らせまっす。
関連記事

Comment

大変だったんですねー!!!
読んでるだけで、うまくいかないときのあの「イライライラ」が想像できましたw
自分でプリントする時は、ほこりやペコ?など細かい点を気にしなくちゃいけないんですねー(´・ω・`)
丁寧に丁寧にやらないといけない作業だったとは。

でも展示する作品ができあがってよかった*

  • 2014/05/28 16:39
  • KiKi
  • URL
  • Edit
KiKiさん
お返事が遅くなりましたー!
ネガって結構ホコリが付いているんですよねー。
几帳面な人は難なくクリアできることなのかもだけど、ズボラな私は要!注意です!

何とか無事に展示作品が焼けてほっとしました。
ありあとうございますー♪
  • 2014/06/03 10:50
  • rie
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。