FC2ブログ

ひさかたの

sakura
私の写真に「切なさ」「はかなさ」を求めてはいけません。皆無です。
Mamiya 6
FUJI PRO400H

百人一首でお気に入りの1首はありますか?

学生の頃、覚えましたよね、百人一首。
今となっては、言えるのは3、4首です笑

ひさかたの 光のどけし 春の日に
しづ心なく 花の散るらむ



紀友則の歌。
私のお気に入りというか最も印象に残っている1首といえば、これ。

小6の時の担任の先生が、壁にみんなの写真と一緒にこの歌を書いていたんですよねー。

子どもからしたら、桜の季節=新学期やクラス替えでドキドキワクワクの時。
楽しい季節なはずなのに、この人はどうして何だか切ないのかしら。
子ども心にそう不思議に感じていた記憶があります。
今思えば、子どもにこの歌を合わせるなんて、先生渋い笑

それ以来、桜の散る時が訪れると、この歌を思い出しては「また季節が巡ったなー」と時の流れを感じます。
ほんとに早いなー。しみじみ。

私もだいぶ大人になってからですが。
ようやくこの歌にシンクロできたような気がするような。しないような。

桜の季節が終わって、もう初夏の風と日差しになっているのに、このエントリを書くのも何ですがね(マイペースなもんで)。



古より人の心を魅了する桜。

「切ない」「はかない」のイメージが強い花(=桜)を好むのはわびさび日本人だからだろうね。そうだろな。

ご多分にもれず、どうやら私も桜に対して思いが強いようです。
毎年話題にしています。

>> はらはらと/2012年
>> 桜を見て何思う/2013年


桜、好きです。

桜の色もよいー。主張しすぎないほんのり淡い紅色。
それに対比するかのように、しっかりとした幹の色。

葉桜も何だか生命力を感じられてステキです。好きです。

何だか春は特別な季節ですね。
あなたにも?




春だからといってがんばりすぎずに TAKE IT EASY~。
お前はもっと歩調を合わせろという声がどこかから聞こえてきそうですが笑
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。