FC2ブログ

しとしとと

Tōryanse/通りゃんせ 通りゃんせ
KLASSE S
FUJI NEOPAN1600 Super PRESTO

口に出して言わないと

形にして表さないと



心が揺らいでしまうようなこともある



しとしと


しとしと



雨とともに、思いを漏らす




一転して、梅雨真っ盛りですね。
雨がしとしと、情緒のある梅雨。だったらよいのですけど。
しとしとぴっちゃんどころか、ザーザーじゃないか。どうにかしてくれ。

本来では、恵みの雨~♪と喜ぶべきですよね…。
でも、お日様も緩急つけすぎです。全くもーう。


私の中で、ここのところ、静かなストレスとなっているのは、洗濯です。
カラッと乾かない!!室内干しいやだー。

それに加えて。
今年は例年より肌寒い日が続いたからか、クローゼットの衣替えがまだ済んでいないのです。
冬物の洗濯をしたいのに!!

地団駄踏む毎日。
雨の日がユウウツ。


お日様、そろそろ晴れにして下さい(切実)。

紫陽花も撮りに行きたいの。
スポンサーサイト

空梅雨なの?と思ったら台風ですかそうですか

blow out!!
昨日6/19は、Lomography LC-Aの29歳の誕生日だったそうで。"Happy 29th Birthday♪"
LC-A+
FUJI TREBI100C(クロスプロセス 自動補正あり)

器用な方ではないのに。

右脳の作業と左脳の作業を一緒くたにこなそうとするなんて。
やっぱり難しかった。



そんなこんなで。
忙しいふりをしているだけで、結局集中力を欠いた日々も終わり。


映画を観たーい。

本を読みたーい。

録り溜めてた海外ドラマを見たーい。

と、我慢していた(のかどうかは大いに疑問だけど…)欲を満たすべく、のんびりモードに突入しています。

梅雨の時期には妥当な選択ですね。
インドア イエイイエイイエーイ。

映画を観てきたので頭の整理がてらご紹介。


>> 1本目 セレステ&ジェシー

女性は好きそうな映画だと思います。

私にとって反面教師的映画でした。
やっぱりね、しなやかさって欲しいよね。

あらすじを大方見て臨んだものの、思っていたよりビターテイスト。

冒頭に流れたLittlest Things/Lily allenがステキな音楽。

行列の横入りのくだり、上手いなーと思った。
上から目線あしからず。

どうしてあの場面でああいうことを言えるのだろう。
それに対して、どうしてああいう風に応えられるのだろう。

本音をオブラートで包んでいるような、どことなくざらついた印象の映画でした。
うまく言えないけど、何だかざらざら。

私は。
手遅れになる前に、気づきたい。素直でいたい。

「ごめんなさい」

「ありがとう」

ちゃんと言えてるかな?

と、思い返してしまいました。


映画『セレステ∞ジェシー』予告編



>> 2本目 愛さえあれば

こちらも本音を押しとどめている大人が多数。何だか問題も山積み。

タイトルだけで見たら、甘々な感じがするのにね。

お久しぶりのピアース・ブロスナンさん(結構お年を召しましたね)が出演しております。
そして、女優さんの目が大きい!大きい!大きいよー!
その目力、半分ちょうだいよ。

デンマーク映画らしいですが、舞台はイタリア。
そりゃあもう、街並みも、海も、夕焼けも、もやっとした明け方も美しい。
レモン畑の木漏れ日も美しい。

その美しさのおかげからか、登場人物たちもすっかり解放的になって、本音の塊も溶け出します。
解放的になりすぎて、まっぱ(頭もつるっとね)で平泳ぎだよー。ビックリだよー。

何だかんだあっても、それでも人生は続いていくもんなのよと達観した大人たちのラブストーリーでした。
それこそ「愛さえあれば」何があっても大丈夫ということなんでしょうね。

映画に何度か登場するレモンのように、スカッと酸味の効いた映画。スッキリ。

女優さんのカラフルなドレスも印象的だったなー。


『愛さえあれば』予告編



今年観る映画は、何だか私の心にカツーンと響きますー。
観てよかったと思えるものばかり。

6636展終宴 -ありがとうございました

Mirror mirror on the water,What is love
「Mirror mirror on the water,What is love」
Zenza Bronica S2,NIKKOR-P 75mm F2.8
FUJI PRO 160S


恋はおわり 愛はつづく





あっという間に6636展が終宴を迎えました。

今年の作品は、タイトルとキャプションありきの1枚ですかね。
あえてタイトル文末の?はつけず。

うーん、柄でもないわ。
皆さんが思ってるような深い意味もないですよー。

既出でしたけど、どうしてもこの一枚を展示で使ってみたかったのです。


多くの方に足をお運び頂きまして、ありがとうございました。

たくさんのメッセージもありがとうございます。
「うんうん」「お?」「ほぉー」「そっかそっか!」
と一枚一枚楽しんでいます。励みになります。

作品に対してのメッセージはもちろんありがたいです。

それに加えて。

モノクロ手焼きでまとめたBOOKについて、様々な感想を頂けたこともとてもとても嬉しいです。
どの写真も、自分が納得するまで何枚も何枚も焼いたものです。
それに対して、プラスのコメントを頂けると、素直に嬉しい。
手塩にかけて育てた子どもを褒められたような気分(子どもいないけど笑)。

おかげで、これからも楽しく暗室に籠もれます♪


ご来場者さまも主催者、出展者の方々も、皆さま温かい。

大きなお祭りを取りまとめる主催者さまの人柄が見事に表れた、温かいステキな2週間になりました。


今回の展示に関わった全ての方々に、感謝。


6636_03
 今回の展示で真四角写真に興味を持たれた方、
 一緒に楽しみませんか?
 チーム6636 メンバー登録
 ← DM画像をクリック(・∀・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。