FC2ブログ

振り返る 省みる 前を向く 2012

2012lastphoto
Mamiya6
Kodak PORTRA 400

今年ももう終わり。

あっという間ですねーー。

ブラザーズ&シスターズを見ながら、掃除をする年末。
これって、去年と同じのような。
なんだろ、この時期ってホームドラマが見たくなるのかな笑

さてさて。
大掃除の小休憩の合間に、今年1年を振り返ってみたいと思います。さくっと。

ちなみに、年初に掲げた抱負。というか願望。
>> 抱負とは心の中の志であってただの願望ではございません
そして、中間申告。
>> 中間申告

中間申告の時とあまり変わってないかも。
19個あるうち、達成できたのは9個位かな・・・成長しとらん。

今年は環境の変化が起こったので、後半は瞬く間に過ぎてしまったような感じです。
基本出不精な性質なので、休みの日は録り溜めていた海外ドラマを見ることが多かったな。
秋と冬は出掛ける機会が減ってしまって、趣味は写真を撮ることですなんて、正直言えなくなってしまいました笑

でも、自分の時間が増えたので、旧友と会おう!会わなきゃ!と思い、久しぶりに懐かしい友人に会ったりもしました。
変わらない友人。サイコー。

遠出をする印象の薄い私とGさんですが、夏には、初めて2人で旅行へ行ってきました。
沖縄!OKINAWA!
あいにく台風に見舞われて、たくさんは写真が撮れなかったけれど、ま、それはそれで印象深い。
楽しい思い出になりました。

展示に関しては、6636展とガリホトに参加しました。
増えたカメラは、Maimiya6の1台のみ。

月々の貯金額も増やしてみた。ゆるーく続けていこうかな。
がん保険にも加入して、あとは個人年金か。

来年はどんな年になるんだろー。どうだろー。
今年と同じように過ぎていくのかな。
それとも、全く違う生活を送っているのかな。


それを決めるのは、自分次第。


皆様、今年1年お世話になりました。
よいお年を。




来年は、また写真を撮りにイロイロなところへ出掛けたいなー。
スポンサーサイト

如雨露

raindrop
Mamiya 6 automat Ⅱ,MAMIYA-SECOR 75mm F3.5
Kodak T-MAX400

本を読んでいて、分からない漢字にぶつかる。
しかも、ミステリーのキーポイントとなっている単語。

早速調べると、 如雨露=ジョウロ と読むらしい。

なるほどー!
「雨露の如し」だなんて、日本語って美しいー。
なんて感じたのだけど。

よくよく辞書を見返してみると、ポルトガル語とある。
てことは、外来語?

他にも、煙草、金平糖、合羽、襦袢などはポルトガル語由来でしたよね、確か。
あ、カステーラもそうだそうだ。

オランダ語由来も日本にたくさん伝わってますよね。
硝子、お転婆辺りは、オランダ語?

ちなみに、八重洲という地名は、昔、住んでいたオランダ人のヤン・ヨーステンさんが由来だそう。

へぇー。

ことばって奥深いー。

ま、オチも何も特にないどうってことない話です。
ちょっとした話のネタにはなるかな。
ほろ酔い気分でダダッと書いてるので、こんなんでも許してね。

あ、そのミステリーは如雨露がきっかけで犯人逮捕につながりました。よかったよかった。




ところで、皆さんメリークリスマスイブ!!

2012年も残すところ7日。

はじまりはネガティブ

shooting_gangan
Zenza Bronica S2,NIKKOR-P 75mm F2.8
FUJI PRO 160S



はじまりはすごくネガティブ。

それでも、そのおかげで今がある。





私がカメラを持ち歩くようになったのは、後ろ向きな理由からです。
でも、思い切って一歩踏み出して、今、どうにかこうにか何とかなってる。


脱却。


後ろ向きな女、グッドバイ。





最近、写真撮ってないなー。



12月って気が急いてしまうなー。
何だか忙しーいー。

気付けば、2012年も残すところ12日。
1年あっという間だ。

読む

momiji
Zenza Bronica S2,NIKKOR-P 75mm F2.8
FUJI PRO 160S

読書記録にブクログを使用しています。

Twitterと同じくタイムライン機能があって、そこには本棚登録された本やレビューだったりが流れてきます。
そこを覗くと、

「あれ?」

「同じ時期に同じ本に興味を持っている!」

と、不思議と重なる時があります。
このシンクロの嬉しさったらもーう!
ドラマ化されたものの原作だったり、話題になってるものなら納得なんですが、古い本なのに同時期に本棚登録されると「うんうん、分かるーそのセレクト分かるー、これ読んだからそこいったんでしょー」と勝手に妙な親近感を持っちゃいます笑


オチも何もない徒然話ですん。yomoyama


ちなみに、個人的に今年のお!と思った作家さん
  • 宮木あや子さん/『花宵道中』『セレモニー黒真珠』などなど素晴らしい。文章が美しいので、破滅的な内容でも何だか救われてしまう。
  • 三浦しをんさん/今更ながら。『舟を編む』はやっぱり映像化されますね。

この2人の本は結構どどっと読んだような。

森博嗣さんの一連のシリーズに動きがあったのも収穫の1つです。 >>『ジグβは神ですか
実に4年振り。ニヤニヤ。
次回作は何年後になるのかな。

アルセーヌルパンのシリーズ(70年ぶりの新作、幻の遺作!)が出たのも興味深い。 >>『ルパン、最後の恋
まだ読んでないけど。
(でもやっぱり、小学校の時に図書館に置いてあった、ポプラ社の南洋一郎訳のルパンが個人的にイチバンですね。)

ガクンと読書ペースが落ちてきているので、今から読書の秋(もう冬か)挽回となるか。



ブクログ


girlyphotoDm
Girly Photo Exhibition Tour 2012
ガリホト大阪会場終了致しました。次は名古屋!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。